質問をしやすいところがメリット

理科の試験は、どのくらい中学受験生が正しい理解と知識をマスターしているかを確認することが目的です。
そして、理科はそれほど学習する内容が多くないため、まんべんなく浅く広く勉強することが必要です。
理科については、出題されないところを予想するのは、リスクがあると言えます。理科は、弱点分野を最もカバーする必要がある科目です。

中学受験の個別指導塾は、質問をしやすいところがメリットです。
中学受験の個別指導塾では、講師が一人ひとりの中学受験生を指導するため、質問を別の生徒を気にしないで授業をいつでも中断して行うことができます。
質問をいつでも行うことができるため、中学受験の個別指導塾では理解を着実に深めることができます。
中学受験の個別指導塾は、指導を直接相性の合う講師から受けられることがメリットです。
個別指導塾のほとんどのところでは、中学受験生が講師を指名することできるので、授業を相性の合う講師から受けられます。
そのため、楽しい授業となり、しかも高いモチベーションを保って勉強が可能であるというメリットがあります。

中学受験の個別指導塾は、このようにメリットが多くあるため、理科の弱点分野をカバーすることができるようになるでしょう。